豊川の英語専門校 こどもから社会人まで、英会話から大学受験やビジネス英語ま 英語のことならお任せください

幼児・小学生コース

画像の説明

画像の説明

画像の説明
エイプラスでは中学・高校のクラスも設置しています。楽しく英会話というだけではなく中学、高校など未来を意識した指導をいたします。 

アルクKiddyCAT英語教室のデジタルパンフレットのダウンロードはこちらから。


日本で小学校段階での英語教育はまだ早いと議論しているうちに他国は次々と英語教育を強化してきました。 エイプラスイングリッシュでは、語学学習のリーディングカンパニーである(株)アルクのこども英語教室、Kiddy CAT英語教室を運営しています。年中から小6までのお子様が対象です。 将来、グローバル時代をたくましく生きていくために、お子様にこの春から英語を楽しく習わせてみませんか? 

幼児・小学生(特に低学年)においては、文字や文法を教え込むのではなく、英語の音リズム、そして英語の語順感覚の3つを培います。 この時期を逃すと感覚的な習得が困難になっていくからです。 お子様の語学才能はまだ未知数です。吸収力のあるこの時期に初めてみませんか。 
小学校で英会話教室に通わせたいけど、その後の英語はどうしたらよいか不安な方も是非お越しください。中学に学校の教科書を使って続けて指導するので安心です! 

アルクについて

◆ 特徴

アルクKiddy CAT英語教室の理念

画像の説明

 アルクKiddy CAT英語教室の理念は ① 聞く力と、自分のことが伝えられる、「確かな英語力」の養成 ② 英語を学ぶことによって、自分に自信を持った元気な子に育てる ③「子どもたちはみな善く生きようとしている」ことを信じるです。 A+ Englishはそうなるようにお手伝いします。 

レッスンは講師二人体制
エイプラスでは小さなお子様で5名以上のクラスは2名の講師(私たち夫婦)がクラスで指導します。二人体制ですので一人ひとりの様子にも目配りができるのが特徴です。さらに、目の前で英会話ややり取りの模範演技を示すことができ、子どもたちの推測力を引きだすのとができます。 テキパキと効果的にレッスンを進めることも特徴です。

日本人児童英語講師の役割
外国人講師には多くの利点もありますが、課題もあります。 海外で生活でもしない限り、オールイングリッシュのレッスンが効果を発揮するのは英語上級者だけです。適度に日本語を使った方が飲み込みやすい場合もあります。当教室でのレッスンは原則的に英語で行いますが、アシスタント講師は効果的に日本語も使います。 年齢とクラスによりますが、英語80%:日本語20%ほどです。

また外国人ということと英語の教え方がじょうずということは別問題のようです。 オーストラリアの小学校で現地の子供たちの日本語クラスを担当していましたが、自然に身に付けた日本語を教えるのは苦労の連続でした。 すれなりの技術と経験が必要であることを痛感しました。 また、子供に英語を教えるためには日本の子供達の特徴を知り、子供への教え方をしっかり学習し、経験し、愛情をもって子供達と接することが大切だと考えています。 英語を外国語として身に着ける楽しさも苦労もたくさん経験しています。 A+Englishではそういった第二言語として英語を身に付けた日本人である利点を最大限に生かし、指導をいたします。 また、自宅の前が教室ですので、講師がたびたび変わったりということもありません。腰を据えて英語指導に当たりたいと思います。 

年齢と発達段階に応じたカリキュラム

画像の説明

母国語の習得は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の順に習得していきます。 Kiddy CAT英語教室ではこのような言語習得の自然な段階を踏んで学習できるカリキュラムになっています。また年齢や発達段階に応じた学習環境設定とコース分けがなされています。

自発的な学習を促す楽しい教材
日本語を介さず自然に英語を理解できるように、教材にDVDも取り入れています。楽しい映像を何度も見るうちに英語の音やリズム、イントネーションが身についていきます。また生徒用教材にも同じDVDがついているので家庭での学習が進めやすく学習効果があがります。

英語への自然な動機づけと定着を促す教材
未就学児のコース(Aコース)では教材にぬり絵や絵の切り貼りなどの作業も取り入れています。また全コースにおいてアクティビティを通じ、英語への自然な動機を与え、定着を促すことで自然に英語によるコミュニケーション力を身につけられます。

体験レッスンへ

◆ コース紹介      

コースは目安です。英語学習歴などによりコース選択が変わることがあります。

画像の説明

4月から年中・年長になるお子様
年中からスタートする場合は、2年後にBコースに入ります。
Aコースは、英語の指示を聞きながら、切り貼りやぬり絵をしたり、歌ったり、ゲームをしたり、といったアクティビティがいっぱいの教材です。英文の仕組みや意味を日本語で説明することはせず、英語を聞かせ続けることで、英語を聞いたときに類推しようとする子どもの能力を伸ばします。この時期、大人の目には明らかな効果はまだ見えにくいかもしれませんが、子どもの耳は聞こえた通りの英語の音を素直に吸収し、敏感に反応していきます。

レッスン 週1回 50分 
曜日・時間帯についてはお問い合わせください。

画像の説明

監修:久埜百合(元成城学園初等学校英語科師、文化女子大非常勤講師) APPLE(1年目)、ALLIGATOR(2年目)

特徴
楽しいDVDがメイン教材。 未就学児は音声に対して耳が敏感で、聞いた音をすぐに真似することができます。そうした子どもの特性をふまえて、AコースはDVDをメイン教材にしています。楽しいDVDにあわせて単語やフレーズを口ずさむうちに、子どもは自然に英語の音やリズムを身につけます。

最初のうちは「明らかな効果」としては見えにくかったのですが, しばらくすると聞こえた通りに英語の音を吸収し、敏感に反応。今ではわが子ながら感動しています。(保護者の声)

画像の説明

4月から小1・小2・小3になるお子様
1年生からスタートする場合は6年生まで学べるコースです。 テキストと連動したDVDやCDを使用し、日常よく使われる表現を学んだり、ラップのリズムで単語や動詞を学んだりします。また、英米のあそび歌やゲームを取り入れた盛りだくさんのレッスンとなります。1年生からスタートした場合、小学校卒業時には中学2年生くらいまでに学習する文法を使った英会話表現ができるようになります。



レッスン 週1回 低学年50分、高学年60分
曜日・時間帯についてはお問い合わせください。

画像の説明

監修:仲田利津子(IIEEC英語教師トレーニングセンター代表)

特色 監修者である仲田利律子先生が考案したMAT(M=Model, A=Action, T=Talk )方式を導入。講師がモデルを示し、生徒はそれを真似てアクションしながら英語を学んでいきます。 テレビでおなじみの大人気エリック・ジェイコブンセンが教材に登場します。

クラスの友達と英語で話ができるようになってうれしい!面白いゲームなどもいっぱいあって楽しい。 だからレッスンもいつも楽しみにしています。  (生徒の声)

画像の説明

4年生からスタートする場合は6年生まで学べるコースです。「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能に加えて、英語で「考える」力を伸ばすことを目指して制作されています。またコミュニケーションのための英語力を身につけることを第一の目的にしており、テキストで扱うテーマや会話表現も、10~12歳の子どもの生活の場面に即したものを選んでいます。



レッスン 週1回 60分
曜日・時間帯についてはお問い合わせください。

画像の説明

監修 松香フォニックス研究所

特色 フォニックスを導入。
英語の文字と発音の関係には一定のルールがあります。フォニックスとは、アルファベット26文字とそれぞれの文字が表している発音を関連づけて、英語の読み書きの能力を高める学習方法です。初めて英語を学ぶ小学校高学年の生徒が理解しやすいように、Cコースではフォニックスを取り入れています。
 
みんなに英語で話すのは最初は緊張したけれど、今は全然平気になりました。 それと初めての英語も読めるようになってどんどん英語が好きになりました。 これからも英語を続けたい。(生徒の声)

体験レッスンへ

画像の説明

料金・費用

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional